読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モトクロスごっこ

先日、会社の同僚を誘って、ウェストポイントさんが開催されているモトクロスごっこにいってきました。さくっと要約すると↓でした。

細かな申し込み手順や場所などは、モトクロスごっこの Web ページに書かれているので、気になったところや感想などを書きます。

申し込み

申し込みでは二輪免許を持っている人数も聞かれます。いちおう、事前に把握しておくと良いかとおもいます。(が、当日のグループ分けのときに自己申告で分かれるので、一人二人ずれていても問題無さそう)

キャンセルは当日の朝までに、とのことでした。朝7時までにだっけかな?

保険

ありません!orz

心配な場合は、個人向けスポーツ保険に入っておくのがよさそうですね。

移動

どの最寄り駅からも同じくらい離れているので、誰か一人が車でいって、駅でピックアップしていくのが良さそうです。

バスは……クラブハウス最寄りのバス停までのバスが、1時間に1本くらいしか無いうえに、受付のタイミングといまいち合わないです。最寄りまでいかなければ、10分に1本くらいはありそうでした。

受付

クラブハウスの入り口は外階段をのぼって二階です。ほかに入り口らしきものも無いので間違えないですが、初見の場合は「お?んー、たぶんこれだよね?」ぐらいの感じになりました。お弁当の注文も受付のときにします。700円くらい。

着替え

必要なレンタル品などは、棚に置かれているのを自分で取っていく形です。何が必要なのかは受付時に渡される紙にかいてあるので、詳しい人が居ない場合は熟読です。

ニーシンガードの付け方やヘルメットの被り方も初めての場合はわからないと思うので、経験者がいないとけっこう困るかも。もしかしたら、困ったら受付の人が教えてくれるのかな?

コースまで移動

クラブハウスからコースまで、徒歩だと10分ぐらいの距離です。また、クラブハウス前に駐車したままにするのはダメらしいので、コースまで車で移動しました。

クラブハウスをでて、一本目の橋を渡ったところで右折です。橋が二本かかっているので、油断すると通り過ぎそうでした。

コースで準備

開会式が10時〜なので、それまでにオフブーツを選んで履いておく必要があります。

特に案内があるわけでは無いので*1、各自ブーツを選んで履いておきます。ブーツはコンテナの中の棚に並べられています。

オフブーツは一番上段のバックルがなくなっているものが散見されました。そんなに激しく乗らないので一番上まで締めなくても大丈夫ってことなのかな?あと、ハズレを引くとガムテープ補修されているものになります。よく見て手に取るのが良いです。

履き方の説明なども無いので、やはり経験者と一緒にいくのが良いと思います。

開会式

その日のスケジュールや注意事項などを口頭で伝えられて準備運動する……わけではありませんでした。

校長(オフロードごっこ主催者である、ウェストポイント社長の福本さん)が、いろいろ喋ります*2。体感では15分くらい話されていました。その後に準備運動でした。

注意事項や、ざっくりしたスケジュールなどの説明はなかったように思います。

バイク

全員、4st 100cc (XR100) でしたが、年式の違いで、ドラムブレーキのものとディスクブレーキのものが混在しています。ブレーキターンをする場合はディスクの方がしやすいかも?

何台かトレールタイヤのものがありました。路面状況悪い場合は結構怖いかも?

クラッチが軽い/重い、遠い/近い、ブレーキペダルが踏みやすい/踏みづらい、チェンジペダルの下につま先を入れやすい/入れにくい、スタンドが下がりやすい、といった個体差が結構あるので、自分に合うマシンを早めに選んだほうが良さそうです。

講習

人数が多いこともあって、基本的には福本さんがお手本を見せた後に、全員でやれる範囲で真似をして走るという流れでした。

ただ、お話の時間が多いのと、思い立ったように?本コースを観戦しにいくみたいなのが多かったです。そのためバイクに乗っている時間は、想像していたよりも少なく思いました。

また、ある程度の知識を前提としているのか*3、本当に未経験者の人には説明が足りていないように感じました。

その他

本コース観戦

コーナーのすぐ横で上級者の走りを観れたので結構よかったです。ただ、15 分くらいの 1 回で充分だったかなぁという感もあります。「自分が」バイクに乗ってみたい、という動機で参加しているので、バイクに乗る時間が多い方が嬉しかったです。

テント付近には猫が何匹かいました。オフロードコースに猫は付き物なのかな?

走ったところ

  • コーンをおいてある広場
    ほとんど、ここで練習です
  • ダートトラック
    アチェンジの練習で使用
    「5速まで試すように」みたいな説明があったので、そのうち速度出しすぎて、だれか怪我するんじゃないかなぁとか思っていました。
  • ミニコース1
    ダートトラックのすぐ横にある小さいコース。ちっちゃなジャンプ台?がある。
    ジャンプして転けそうになった。気をつけないと危ないかも……
  • ミニコース2
    こちらもダートトラックの横にある小さいコース。ミニコース1よりは大きい。
    フープスっぽいものがあったり、結構楽しめます。

とても残念だった点

完全に初心者でうまく出来ていない人に対して、やや馬鹿にする物言いをされることがありました。「今日の赤ゼッケン*4はいつもよりも大変だ」「なんで出来ないかなぁ」のような物言いです。初心者ではじめてだからこそ来ているわけでして、出来ないのはあたりまえかと……(´・ω・`)

全体を通して

基本的にお一人でされていることもあってか、細かいところまでは目が行き届いていない感じがありました。可能ならば一緒に参加している経験者が、ヘルプをしつつ楽しむのが良さそうでした。

*1:別行動だったため、このあたりの詳細は不明です。コースにある事務所に一声かけたところ「10時からです」とだけ言われたようです

*2:昔話など

*3:クラッチやギアの役割などを知っていることを前提としているように感じました。大半のひとは自動車の免許を持っているので困らないですが……

*4:初心者は赤ゼッケン、経験者は黄色ゼッケンでした

KLX250 に USB 電源を追加

 KLX250 に USB 電源を追加した記録です。

背景

 私の KLX250 は、RAM マウントのスマホホルダを設置していて、スマホをナビ代わりに使えるようにしています。

 ただ、実際に使ってみると、みるみる電池が減るため、画面をつけっぱなしにできないという問題が…… orz

 この問題を解決するために、USB 電源を追加することにしました!

検討と購入

 バイク用 USB 電源について調べてみると、ニューイング、DAYTONA、キジマ、中華製ノーブランド辺りが人気なようです。

 わたしは、ついつい慣れ親しんだ DAYTONA の以下を選択しました。 

 また、接続についても、バッ直(バッテリーに直接接続)、ヒューズボックス、テールランプなどの配線を分岐、リレーを使用などがあります。

 当初はリレーにしようかと思ったのですが、急激に面倒になり、ダメだったら後日リレーにすればいいや!ということで、テールランプから分岐することにしました。

 ヒューズボックスでもよいのですが、蓋がしまらないとかちょっと無理やり締めるとか、加工するとかあるのがあまり好きではないのと、もともと購入時にバイク屋さんに ETC もつけてもらったのですが、その時の配線がテールランプからだったので、同じ方法をとろうと考えました。

 そんなわけで、分岐用に以下を購入しました。

エーモン ミニ平型ヒューズホルダー 15A(MAX) E424

エーモン ミニ平型ヒューズホルダー 15A(MAX) E424

 
エーモン ダブルコード 0.50sq 6m 赤/黒 M271

エーモン ダブルコード 0.50sq 6m 赤/黒 M271

 

 また、DAYTONA の USB 電源についているコードを切断しないでも済むように、以下も購入しました。 

デイトナ(DAYTONA) 補修パーツ 中間接続コネクター 91786

デイトナ(DAYTONA) 補修パーツ 中間接続コネクター 91786

 

 ちなみに、このコネクタですが、オスメスのコネクタ(プラパーツ)が1セットと、端子が2セット入っています。私はそのことに気付かずに、圧着に失敗した場合を想定して、2つ買ってしまいました。商品説明をみると、ちゃんと「中間コネクター(オス/メス)各1個、ターミナル(オス/メス)各2個のセット」と書いていますね……

 コネクタの圧着には、以下を購入しました。めったに使わない身には、セット品のこれで必要十分という判断です。(実際、問題なかった)

エーモン ターミナルセット(中) 電工ペンチ付 E2

エーモン ターミナルセット(中) 電工ペンチ付 E2

 

実作業

 実際に取り付けていきます。手順はだいたい以下の通りです。

  1. 動作確認
  2. 位置決め
  3. 配線の取り回し
  4. 電源取り出し
  5. 動作確認
  6. 配線を固定

動作確認

 いきなりテールランプの配線から分岐せずに、まずはバッテリーに直接つなげて動作するか確認します。

 電装系を触るときは、バッテリー端子をはずしてから作業します。
f:id:NetPenguin:20170228002243p:plain

 バッテリー端子を外すときは必ずマイナスから外します。つけるときは逆にマイナスを最後につなげます。

 USB 電源のセットについていた、バッテリー接続用のケーブルを繋げます。プラスにつけてから、マイナスにつける順序大事。
f:id:NetPenguin:20170228002106p:plain

バッ直をキメた!

 このケーブルのコネクタに変圧器と USB の端子のついているケーブルをつなげて、スマホを繋いで確認します。というかしました。
f:id:NetPenguin:20170228002748p:plain

 む……なんだか少ない(´・ω・`)
 エンジンかけたら、なぜか 0.5 A ぐらいまで下がったし……(´・ω:;.:...

 まぁ、通電はしているし、気にせずそのまま作業をすすめることに。

位置決め

 USB の端子をどこに配置して、配線をどこに通すかを想像して決めます。

 ハンドルバー周りは、これ以上いっぱいにしたくなかったので、メータの上あたりに両面テープで固定することにしました。(固定するのは最後)
f:id:NetPenguin:20170228003418p:plain

 配線ですが、もともと存在している配線とおなじように、左側からタンク下を通してシート下右側を後ろまで通すことにします。おなじところを ETC アンテナの配線がすでに通っているので、失敗はないだろうという判断です。

配線の取り回し

 実際に配線を通していきます。狭い隙間は無理せずに他の配線をずらして隙間に通していきます。
f:id:NetPenguin:20170228004117p:plain

 USB ポートが2つなので、USB ポート <-> 変圧器間もケーブルが2本あります。右下の黒い長方形の物体が変圧器です。

 秘密兵器のケーブル引き込み線を利用して、タンク下にケーブルを通していきます。あると便利、引き込み線。
f:id:NetPenguin:20170228004521p:plain

 タンク下を通した結果、変圧器はちょうどエンジン直上のハーネスを保持している樹脂パーツのあたりに。エンジンからの熱が気になる…… (動作に影響あるのか未確認)
f:id:NetPenguin:20170228004733p:plain

 タンク下からシート下の右側に沿わせて後ろまでもってきたコネクタを、隙間から中に引き入れます。長さギリギリでコネクタが中にはいりました。f:id:NetPenguin:20170228005303p:plain

 反対側にテールランプなどにつながる配線が通っているので、そこからこのコネクタまで配線をつなげれば電源が取り出せます。

電源取り出し

 テールランプの配線から電源を取り出すために使用するケーブルを作成します。

f:id:NetPenguin:20170228005820p:plain

 ヒューズホルダとダブルコードの赤側をハンダづけして、ダブルコードの先にコネクタを接続しています。

 あとはこのケーブルの先を、テールランプに向かう配線につなげれば OK です。ETC 用の電源ケーブルが配線されているので、同じところにつなげます。

f:id:NetPenguin:20170228010444p:plain
(ETC の電源ケーブルのハンダづけ、さすがプロの仕事で綺麗だ……)

 浮いている配線にはんだ付け、むずかしい……f:id:NetPenguin:20170228010845p:plain

 めっちゃ汚くなった……(´・ω・`)
 つ、通電はしているし……(多分)

 この後、写真を撮り忘れていますが、はんだづけ箇所にテープを巻いて絶縁して、ケーブルの塊を収めているチューブをビニールテープでグルグ巻きにして、水分が入らないようにしておきます。

 あとは、ヒューズをいれて、コネクタを接続して配線完了です。

動作確認

 配線を固定してシートを戻す前に、動作確認をしておきます。

 バッテリーに配線をつないで(プラスが先、マイナスが後)、まずはスマホはつながずにキーON。ヒューズが飛んだりしないことを確認してから、スマホをUSBケーブルで接続して充電されることを確認します。f:id:NetPenguin:20170228012109p:plain
 おや?バッテリー直のときと違い、エンジンをかけた状態で1.5A弱まででました。
いまいち理由はわからないですが、結果 OK ということで。

 キー OFF で給電されなくなることも確認できたので、問題無さそうです。

配線を固定

 後はケーブルをタイラップで、USB ポートを両面テープで固定します。
f:id:NetPenguin:20170228012529p:plain

 形状がいまいち合わないために、両面テープも一部浮いてしまっています。剥がれてしまったら、メータの横に移動しようか検討中。

感想

 まだ、実際に給電しつつスマホをナビとして使用してみていないので、実用に耐えるのかは未確認です。ETC の方に影響がないか、やや不安はありますが、キー ON でインジケータはついているので多分大丈夫……かな。

 作業自体は、もともとプロの人が ETC をとりつけた配線を真似してつければ良いだけだったので、かなり安心して楽に作業できました。

 これで、週末のツーリングも安心!